Archive for the ‘会社員の債務整理’ Category

【会社員・ヤミ金】ヤミ金の借金を弁護士の力でゼロにした事例

2018-10-30

【依頼主】 30代 男性


【相談前】
相談者は家族の病気のため、治療費を工面するために簡単に借り入れることのできるヤミ金に借金をしてしまいました。ヤミ金は言葉巧みに相談者に対して借金の勧誘を行い、突然の家族の病気で余裕を失っていた相談者はヤミ金だと気付いていなかったのです。その後、複数のヤミ金に対して借金を重ね、当事務所に相談する時点で、5社のヤミ金業者から150万円の借金をしていたのです。相談者は毎日職場や携帯電話にくる脅迫じみた電話に耐えきれず、当事務所に相談に来たのです。


【相談後】
当事務所の弁護士が相談に乗った結果、ヤミ金であることから、返済も元金の返金すらも必要のない借金であると判断できました。しかし、相談者は借金問題を弁護士に依頼することをためらっていました。当事務所は、弁護士が債務整理を強引に受けることはありません。債務整理のメリット・デメリットを事前に説明した上で、依頼するかどうか考えていただきます。今回の相談者はは、ヤミ金から借金をしていましたが、ヤミ金は特殊な対応が必要です。結果的に、弁護士がヤミ金に対してどう弁護士が動くのか、弁護士に依頼するメリット・デメリットを詳しく説明したため、納得して当事務所に依頼をされました。当事務所の弁護士は、ヤミ金業者に対して強気の交渉を行い、借金の元金すらも返さない結果を得ることができました。相談者はヤミ金の脅迫的な督促に怯えなくて良い平穏な生活を取り戻すことができました。


【川崎 久美子弁護士からのコメント】
ヤミ金は弁護士が介入すれば解決する問題です。最高裁判所の判例によって、ヤミ金からの借金は元金すらも返さなくてよい実務運用が確立しています。しかし、ヤミ金は脅迫的な言動で債務者の心理的余裕を奪い、生活を脅かします。ヤミ金の問題は専門家でなければ解決することができません。私たちは、借金問題でお悩みの道民のみなさまのために力になりたいといつも願っており、これまでの経験からヤミ金対策の法律問題に精通しています。ヤミ金の法律問題をはじめとして、借金問題に関して、お困りのことがあればいつでも当事務所の無料法律相談をご利用ください。私たちは真摯に皆様の抱える借金問題に一緒に向き合いたいと考えています。

【会社員・消滅時効】引っ越しによって返済をしていなかった借金について消滅時効の援用により返済義務をゼロにした事例

2018-10-29

依頼主 40代 男性


相談前
相談者は会社員であり、若い頃に4社のクレサラ業者から借金をしていました。しかし、当時、仕事の関係で引っ越しを繰り返しており、携帯電話の番号も変えたため、債権者からの連絡がなくなり返済をしないようになったのです。その後、転職によって札幌に長年済んでいたところ、突然、債権回収会社から借金返済の督促の手紙が届きました。長年支払っていなかったことから、利息だけで多額にのぼっており、これでは返せないと考え当事務所に相談にいらっしゃいました。


相談後
当事務所の弁護士は、相談者から借り入れていた時期、最後に返済した時期を詳細に聴き取り、債権回収会社の督促文書を分析しました。そうしたところ、消滅時効という制度を利用することによって借金の支払義務自体が消滅する可能性があると判断し、相談者にその旨を伝えました。もっとも、消滅時効は様々な理由で中断することから、必ずしも消滅時効が実現するものではなく、その場合は任意整理によって無理のない範囲で返していく方針で相談者から依頼を受けることになりました。当事務所から消滅時効の手続を執ったところ、債権者は消滅時効の主張を認め、借金自体を返済しなくて良いこととなりました。相談者は晴れて借金のない生活を手に入れることができました。


川崎 久美子弁護士からのコメント
一般的なクレサラ業者からの借入の場合、最後の借入/返済から5年以上経過することで消滅時効の制度で借金の返済義務がなくなります。しかし、個々で注意しなければならないのは、消滅時効の援用の手続を執らない限り、借金はゼロにはならず、その前に借金を一度返したり認めてしまうと、消滅時効の制度が使えなくなってしまうのです。消滅時効は民事裁判を起こされると中断しますので、返済していない期間が長いからといって必ず消滅時効の制度が使えるとは限りません。そのため、長期間の支払っていない借金の債務整理においても、まずは消滅時効を主張し、それが認められなかった場合に備えた二段構えの対応が必要になるのです。今回の相談者は幸い、消滅時効の主張が認められて借金の支払義務が消滅しました。当事務所は、相談者の負担がいちばん少ない形で債務整理を解決するよう弁護士業務に当たっています。いま、借金問題でお悩みの方は、ご遠慮なく当事務所の初回無料法律相談をご利用いただければ幸いです。

【会社員・個人再生/専業主婦・任意整理】夫婦で抱えていた借金をそれぞれ異なる債務整理の方法で解決した事例

2018-10-29

依頼主 50代


相談前
相談者は夫婦であり、子ども3人の大学へ進学するための教育費がかさんでしまい、会社員である夫は約700万円の、専業主婦であった妻は約150万円の借金がありました。このまま返していっても利息に充てられるばかりでいつになったら借金がなくなるのか目処が立たないため、当事務所にまずは相談に来られました。


相談後
当事務所はご夫婦の収入状況や借入先を丁寧に聴き取り、相談者のご希望を伺いました。相談者は無理のないよう返済していくことを希望しており、妻名義の自動車(ローン有り)を維持したいという意向でした。そこで、当事務所の弁護士は、夫については700万円と借金額が多いことから個人再生がベストであり、妻については借金額が多くないこと、任意整理だと自動車ローンを外して債務整理を行うことができることから、任意整理をお薦めしました。その上でそれぞれの手続のメリット・デメリットを丁寧に説明しました。相談者のご夫婦は当事務所の弁護士のアドバイスに納得いただき、ご主人は個人再生、奥様は任意整理を行うことになったのです。法律相談の時点で、将来の返済金額の見通しを詳細に説明し、毎月の返済に目処をつけた上でご依頼をいただくことになりました。任意整理は見通し通りの返済計画で解決することができ、個人再生もスムーズに手続が進むように当事務所がサポートを行い、裁判所の審査の結果、150万円まで借金が減額されることになったのです。その結果、当事務所の依頼前には毎月10万円以上を返済して、そのために借金を繰り返していた日々から、毎月の収入の範囲内で無理なく返済を続ける生活を取り戻すことができました。


川崎 久美子弁護士からのコメント
今回の相談者はご夫婦で法律相談に来られました。当事務所に相談に来られる方は、ご家族で相談にいらっしゃる方も多いので、配偶者や子どもを連れて行けるか不安な方でも心配はいりません。ただし、実際に依頼を受ける際にはご本人から直接法律相談を受ける必要がありますので、ご了承下さい。そして、今回のご夫婦のケースでは、初回の法律相談時点で、ご主人と奥様で別々の債務整理の方法により、支払金額を大幅に減額することを見通すことができました。当事務所は、これまで多くの債務整理事件を解決してきた経験と実績から、相談時にどのような方法がベストか、依頼した結果の毎月の返済金額まで詳細に見通した上で相談者にアドバイスを行っています。今回のご依頼も、ほぼ当初の見通し通りに解決まで導くことができ、相談者は借金をする以前の平穏な日常に戻ることができました。債務整理を行う場合、債務整理分野における弁護士の力量によって解決方法や解決までのスピードが異なります。当事務所では、借金問題でお困りの道民の皆さまのお力になるべく日々弁護士業務に取り組んでいます。借金問題でお悩みの方は、当事務所の無料法律相談をご利用下さい。

【会社員・個人再生】借金で家計管理ができなかった状況から個人再生により借金解決の目処がついた事例

2018-10-29

【依頼主】 女性


【相談前】
依頼者は、5年前から車のローンを組んだことをきっかけに借金をはじめ、ショッピングやキャッシングで複数のクレサラ業者から借金をするようになりました。当事務所の初回無料法律相談をご利用頂いた時点で、700万円の借金があり、滞納のために毎日クレサラ業者から督促の電話がかかってきており、生活に支障が生じている状況でした。


【相談後】
当事務所は相談内容や収入状況、借金の原因を詳しく聞き取りました。その上で、今困っていることや将来心配なことについて法律相談を行い、債務整理をすることは人生の失敗ではなく、人生の再スタートであることを丁寧に説明しました。幸い、依頼者は会社員で安定した収入があったため、自己破産を回避するための方策を考えることになりました。しかし、700万円という債務額は任意整理には厳しかったため(任意整理では払い過ぎの利息がない限り借金は減額されません)、個人再生が最適であると判断されました。依頼者は当事務所の方針に納得いただき、個人再生手続によって、700万円の借金を160万円まで減額して将来の3年間の分割払いで返済していくことになりました。この場合、毎月の返済額は4万5千円程度であり、依頼者の収入からすれば何とか払っていける金額で、借金問題を解決する目処をつけることができました。


【川崎 久美子弁護士からのコメント】
当事務所では、なるべく自己破産は回避する方針で債務整理の法律相談にあたっています。借金問題を抱えている方でも、自己破産はしたくない、少しでも借金を返したいという誠実な方が大半です。当事務所の弁護士は、そのような誠実な皆さまのご意向を尊重しながら、一方で借金問題をスムーズに解決するため、10年以上にわたって債務整理事件に取り組んできた経験と実績に基づき、最適な解決策を提案しています。借金問題でお困りの方は、わからないことや不安なことが多いと思います。当事務所は、依頼者の皆さまのプライバシーや守秘義務を最大限に尊重した上で、最高の法律サービスを提供すべく日々、弁護士業務に取り組んでいます。債務整理の法律相談をするかどうか躊躇している方でも、無料法律相談で皆さまのお悩みをご相談いただければ、今後の解決策を必ず提案致します。借金問題は債務整理に詳しい専門家に相談することで適切に解決することが可能です。もし借金問題でお悩みの方は、我々を信頼してまずは無料法律相談をご利用いただければ幸いです。当事務所は、道民の皆さまの借金問題解決のために力になりたいと願っています。

トップへ戻る

0112814511電話番号リンク 問い合わせバナー